クロノグラフって何?

腕時計についているクロノグラフ機能は、ストップ操作をするまでの正確な経過時間を精密に測定してくれる昨日のことを言います。ケースサイドに設置されている上下二つの専用のボタンで操作することになるのが普通です。
操作は難しいように感じますが、一度覚えると意外と簡単にできるものです。ねじ込み式のプッシュボタンの場合にはそのまま操作することはできないため、まずは2時の位置と4時の位置の2つのボタンを緩めて準備しておきます。腕につけているまま操作することももちろん可能ですが、初心者は握るように腕時計をもち、親指でボタンを操作するほうが使いやすいでしょう。
まず2時の位置のボタンを押すと計測を始めることができます。もう一回2時の位置のボタンを押すと作動していたクロノグラフ秒針や各種の積算計が停止し、計測した時間を表示してくれます。そして4時の位置のボタンを押すと停止していたクロノグラフ秒針や各種の積算計の針がすべて初期位置にリセットされることとなります。
クロノグラフで計測された時間の読み取り方は、秒・分・時単位をあらわす積算計がそれぞれ文字盤上に表示されています。ストップボタンを押すとすべての針が停止しますので、それぞれを読み取って時間がどれだけ経過しているかを判断します。
クロノグラフを搭載している腕時計ではタキメーター機能を持っているものも多くあり、人気のオメガを買い取ってもらならでも高く買い取ってもらう事もでき、この機能を用いることで移動距離間の平均時速を出すことができます。計測を開始したい地点でクロノグラフをスタートさせ、所定の位置を通過した時点でもう一度2時の位置のボタンを押してクロノグラフ秒針をストップさせます。停止したクロノグラフ秒針がタキメーターの目盛りに示す数値がその間の平均時速になるわけです。この機能はスポーツに用いるだけではなく、プリンターやコピー機などの1枚の書類を処理するのにかかった時間から1時間に処理できる枚数を割り出す、などという使い方も可能です。

日本のメーカーの腕時計

日本の有名腕時計メーカーといえばセイコーやカシオ、シチズンといったメーカーが知られています、どちらのメーカーも時計の精巧さには定評があります。
その中の一角であるカシオといえばG-SHOCKが有名です、その精巧さとタフな造りは海外でも非常に人気が高く、アメリカなどでは日本の時計といえばセイコーやシチズンよりもカシオの時計というイメージが定着しています。
日本ではロレックスやカルティエのような高級時計がもてはやされるものですが、やはりG-SHOCKをはじめとした実用性の高い日本メーカーももっと評価されるべきではないでしょうか?
もちろん高級時計の位置づけとしてはすでに装飾品の域に達しているため、一概に比較はできませんが、国産のほうが劣っているなどということは決してないわけです。
もちろん日本の時計を評価している人はたくさんいるでしょう、そういった人はメインの腕時計としてセイコーやカシオの腕時計を使っている人もいればロレックスなどの高級時計はここ一番の場合だけ使用して、普段使いに実用性の高い安価な腕時計を使っているという方もいます。
時計を実用性第一で考えるかステータスとして身に付けるかによりますが、基本的には自分の気に入ったデザインの腕時計を付けるのが一番です。
あまり高い時計を普段から使っていると傷をつけてしまわないかと気になってしまいます。
さて、カシオの腕時計はもちろん海外で広く知られています、特に前述したG-SHOCKは海外での市場も確率されています。
とはいってもやはりブランド力として見るとまだまだのようです、G-SHOCKというシリーズ名ばかりが全面に押し出されてしまい、カシオとしてのブランド名は知られていないのが実情です。
とはいっても日本人が思っているよりは世界でのカシオやセイコーといった日本ブランドの評価は高いものがあります。
やはりその実用性と精巧さ、そしてG-SHOCKのようなタフさが受け入れられているのでしょう。

スイスの時計産業②

もともと時計作りが盛んだったのは北イタリア、南ドイツ、フランスでした。
時計産業の拠点は、なぜスイスに移ったのでしょうか。

それには、1517年に起こったルターの宗教改革が関係しています。
宗教改は欧州中に飛び火。ジュネーブではカルバンが改革運動を起こし、カルバン派とカトリック教会との内乱へと発展します。
ナントの勅令が出され内乱は収まりますが、迫害されたカルバン派の信徒たちはジュネーブへと逃れました。

信徒の多くは織物業、印刷業、時計製造業などに従事する職人たちでした。
カルバンの宗教改革は贅沢品を禁止していたため、当時ジュネーブで盛んだった宝飾細工職人たちも時計作りに転じ、時計産業が盛んになっていったのです。

17世紀後半にはナントの勅令が廃止。
贅沢品も認められるようになったため、宝飾工芸も復活し、時計産業と結びつきます。
こうして現代の美しい時計作りの礎が築かれたというわけです。

スイスの時計産業発展の影には、機械時計などを開発したブレゲ、ねじ巻き時計を考案したペルレなど、優れた時計職人たちの存在がありました。
こうした天才たちがスイスを時計王国へと導いたのです。

19世紀に入ると、自動巻き時計、永久カレンダー、フライバッククロノグラフなどが発明され、スイスの時計産業は確固たる地位を築いていきます。

しかし19世紀後半になると、アメリカの大量生産品に押され衰退、1970年代には日本のクォーツ時計に市場を奪われてしまいます。

決して順風満帆だったわけではないスイスの時計産業。
再び世界のトップへと返り咲くことができたのは、スウォッチの成功があったからと言われています。

危機的状況にあったスイスの時計業界を救ったのは、現スウォッチグループ総裁、ニコラス・G・ハイエックです。
スウォッチの大ヒットにより壊滅しかけていた時計産業を再建、大量生産することで雇用を創出します。
さらにその後、オメガ、ロンジンといった老舗メーカーを統合し、スウォッチグループを誕生させたのです。

現在スウォッチグループにはブレゲ、ブランパン、ハミルトン、ETA、レマニア、フレデリックピゲなども傘下に加わり、巨大グループを形成しています。

スイスにはこのほか、カルティエ、ピアジェ、バシュロンコンスタンタンなどを抱えるリシュモングループ、
ルイ・ヴィトンを中心に時計宝飾事業を展開するLVMHグループ、
フランク・ミュラーが中心となるウォッチランドグループやブルガリグループ、ロレックスグループなどがあります。
再編は今も続いており、今後さらに業界地図が塗り替えられる可能性もあります。

スイスで製造される時計の9割は電子式時計で、残り1割が機械式時計です。
しかし機械式時計が全輸出高の半分を占め、スイスといえば機械式の高級時計というイメージを作り上げています。
実際日本でも評判が良く、お金持ちの人が持っているイメージであり、また店舗でもサイトは高価買取してもらえるようです。ロレックス買取

スイス時計は「Swiss Made」の商標により保護されており、商標を受けるためには、厳しい条件を満たさなければなりません。
すなわち、全体の半分以上の部品がスイス製であり、組立と検査をスイスで行ったものだけがスイス時計と認められるのです。

スイスの時計産業は、数百あるパーツメーカーがそれぞれ部品を作り、数百社のエタブリスールと呼ばれる組立業者が時計を完成させるというシステム。

しかしすべて一貫製造する、マニュファクチュールと呼ばれるメーカーも少数存在します。
こうしたブランドが、高い技術とデザイン性で独自の高級時計を生産し、世界に輸出。
時計産業が、スイス経済の重要な一翼を担っているのです。

スイスの時計産業①

スイスは「腕時計王国」といえるほど、世界的に知られた腕時計のブランドがひしめきあっているところです。しかし、それぞれのブランドが目指すものは異なっており、自社の目指すものをひたむきに製造しているところがそれぞれの個性を際立たせ、世界中にファンをもっているのかもしれません。
代表的なスイスの腕時計ブランドにオメガがあります。1848年に創業され、部品ひとつにいたるまでの一貫した生産や互換性をもたせた部品の規格化など、当時としては画期的な製造方法をいくつも生み出しました。1969年にアポロ11号が月に降り立った際に宇宙飛行士が見につけていたのはオメガスピードマスターです。オメガの時計の精度の高さは、オリンピックの公式計時に何度も用いられてきたことによっても物語ることができます。
フランク・ミュラーの腕時計で目を引かれるのは四角い文字盤に並んだ独特の文字です。これだけでなく彫金細工、インデックスの埋め込み、何層にも塗り重ねられたエナメルなどその美しさを際立たせるためにいくつもの細工がなされています。個々の時計に「ユニークピース」という各々の特徴を与えようとする熱意は、時計に関する数々の特許の取得から窺うことができます。
パテックフィリップの腕時計を見て感じ取れるのはその優雅さです。社を代表する「カラトラバ」にはリューズに十字がほどこされ、そのデザインは社会的に地位の高い人から脚光を浴びています。多くの時計愛好家の垂涎の的といえる時計です。
プランバンは「最古の腕時計ブランド」と呼ばれており、「丸型フェイスの最良の時計しか作らない」「クオーツ時計は作らない」「ムーブメントは技術的特長のあるものに限る」「それぞれの時計は最初から最後まで一貫して1人の職人が作る」など、多くの哲学に基づいて作られた時計のみを販売しています。
ここに挙げなかったものにも多くの一流ブランドがありますが、それぞれのメーカーの哲学があればこそ、これほどまでに品質の高い時計を生み続け、世界中で支持されているといえます。

ロレックスの特徴②

ロレックスの腕時計の特徴といえば、それまでにない性能と正確さを求めて日々邁進し続けるところにあるといえるでしょう。換言すると、過酷な環境においても正確に時を知ることができる腕時計の性能に挑戦し続けたことがロレックスの今日的な地位の確立に大きく貢献しているものということができます。
そのひとつがあらゆる自動巻き腕時計の先駆けとなった「パーペチュアル」(1931年に特許取得)です。腕時計を身につけているときの振動でムーヴメントの中のローターが回転し自動的にゼンマイが巻き上げられるシステムになっています。1953年にイギリスの遠征隊がエベレスト登頂に成功した際、ヒラリー卿の腕にはパーペチュアルがありました。エベレスト登頂という苛酷な環境と動きが伴う中でロレックスの腕時計は正確に時を刻むことが証明され、大きな評判となりました。
山の上ならず、海の中での使用もロレックスがこだわりぬいたところです。1926年に世界初の防水ケースである「オイスター」の特許を得た翌年、ロンドンの女性記者であるメルセデス・グライツがこの時計をつけてドーバー海峡を泳ぎきったことでその防水性能が証明されました。時は下って1953年には、世界初の本格的なダイバーズウオッチである「サブマリーナー」が登場します。視認性の高いドットの文字盤、ねじ込み式のリューズ、潜水中の経過時間を瞬時に察するための回転式ベゼルなど多くの機能を盛り込んでおり、時代が下るとともにベゼルの逆回転防止機能やリューズガードなども搭載されていきます。防水性能も100mから200m、300mと進化していきました。
映画『サンダーボール作戦』の劇中でショーン・コネリー演じるジェイムズ・ボンドがサブマリーナーを身に着けて任務に望んだように、ロレックスの腕時計が持つ高い性能は多くのプロフェッショナルに信頼され、それゆえに多くの人を惹きつけ今日の名声が形成されているといえます。

ハミルトンの魅力

ハミルトンはアメリカの時計メーカーですが、その魅力は時代の要請に寄り添ってきたことと、時代を超えた先進性にあるといっていいでしょう。
1908年、それまでハミルトンの腕時計には大きくて無骨な男性向けの腕時計しかなかったのですが、女性に向けた腕時計を熱望する声にこたえてペンダントウオッチ「レディ・ハミルトン」が発売されました。この時計の発売はアメリカで女性が参政権を得る12年前に作られたものであり、ハミルトンが時代の先を捉えて果敢に行動していことが伺えます。
1930年代には、ハミルトンは軍の要請を受けてマリンクロノメーターを開発します。この腕時計は海軍が海上で正確な現在位置を知るための重要な道具になりました。ハミルトンは第二次世界大戦中に100万個以上の軍用時計を生産したといいいます。この時計のデザインは、ミリタリーウオッチが原型として使われている、「カーキ・シリーズ」に継承されています。
ハミルトンがアメリカの社会と常に寄り添ってきたことの証として、アメリカンクラシックシリーズの時計があります。これは各時代で作られてきた傑作モデルを復刻したものです。1920年代の「シュプール」はニューオーリンズジャズが大流行した時代のものです。1930年代の「ボルトン」「カーライル」「アードモア」は大恐慌の下でアメリカ産業が発展した時代に流行しました。1940年代には豊かさが回復され、アールデコモデルの「ベントン」が生み出されます。ロケット時代を迎えた1950年代にはアシンメトリーという斬新な「ベンチュラ」が売り出されています。
ハミルトンはアメリカ映画にも多く登場しています。スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』は未来的なデザインの腕時計が登場したのをはじめ、『メン・イン・ブラック』『インデペンデンスディ』などの作品でもハミルトンの時計が登場しています。これこそハミルトンの時計がみなに愛されている象徴といえるでしょう。

ロレックスの特徴

腕時計は数多くのブランド・種類などが世界各地で作られ存在しています。その中でも高級な腕時計として名高い事で有名なのはロレックスだと思います。今回はロレックス特徴を少し話したいと思います。
まずロレックスで最も知れ渡っている代名詞は王冠のロゴマークです。このマークを見れば誰しもロレックスと分かる程の知名度です。それゆえに偽物も多く存在する程です。
ロレックスはとても高額で、高いもので日本円で何千万もする事で有名ですが、ただ単にブランドの金額でなく製作技術・素材を考えればこれだけの高額になるのもうなずけます。
ロレックスで使われているステンレスはスーパーステンレスと言われる904Lステンレスで、時計用の素材として採用しているのは唯一ロレックスと言われています。このスーパーステンレスは素材が固いので研磨作業が難しいとされ、磨き上げると他のブランドと比べて非常に美しくクリアな仕上がりになります。それゆえに細やかな技術で製作されている事が分かります。
精度においても最も優れた時計メーカーと言われています。 自動巻のモデルには全てスイス公認クロノメーター検査協会の認定受け、文字盤にはそれを示す「SUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIED」の表記がされています。クロノメーターは、15日間にも及ぶ厳しい精度検定に合格したものだけに与えられる称号なのでそこらへんのメーカーでは取得することも難しいと思われます。
精巧な作りである上に、タフな事でも有名なので男性の憧れの時計であり、ロレックスをつけることでステータスを表す方も多いぐらいです。
デザインもメンズ・レディースともに豊富であり、一見男性向けの腕時計ではありますがレディースのデザインは凄く繊細なデザインのものも多く存在します。
中にはシンプルなものもあるのでどんなシーンでもつけれるようなデザインもあります。
「とにかく豪華な物を」という方には贅沢にダイヤをちりばめられた物や、金無垢で製作されたものもあるので、値段は相当なもんですが存在感はぐっとあがります。
これを気に少し違った目線でロレックスを見てもらえると嬉しいです。

海外で大人気のカシオ

日本では、どちらかといえば、お値打ちでオシャレ、またはかっこいいという評価を受けているカシオ製品の時計ですが、私は個人的には最高ブランドだと思っています。
それは、少し前に海外旅行に行った時でした。
ダイビングの為にエジプトへ行きましたが、まず、お出迎えの運転手さんたちに腕時計(CASIOのBABY-G・グレイの色)を指さされ「CASIO!」って、声かけられたのです。
珍しいのかな?程度に思っていましたが、それはどうやらとても高価で、うらやましがられていることが判明しました。
CASIOフィーバーはあちこちで見られ、ダイビングの為に二つ時計を付けていたのですが、高価なダイビングウオッチより、CASIO時計は色々な方々から声をかけられ、もはやコミュニケーションツールにさえなったほどでした。
夜の観光で、砂漠地域に行きましたが、ガイドのラクダ使い(子供)に「日当としてこの時計をくれ、お金はいらない」なんて言われたりもしました。日本でいえば、ロレックスくらいの価値なのかもしれませんね。
カイロ地区からピラミッドの観光に行った時も、土産物屋の店主から「この土産物と、CASIOの時計を交換してくれ」と頼まれたりと、CASIOの時計はモテモテでした。
CASIOフィーバーは、香港でも見かけました。
香港は2度行ったのですが、繁華街の時計店には「CASIO製品あります。SONY製品あります(SONY製品は時計ではなかった)」と大きく手書きのポスターがあり、SONYと並ぶ顧客獲得能力のあるCASIO時計でした。
私の持っているCASIO時計は2つですが、一つのダイビング仕様(ダイビングウォッチではないが、30メートル水圧対応)のものは1000円位で、中国製でした。
15年以上も前に買っており、電池が切れてしまいましたが、デュアルタイム搭載でなかなかの性能でした。
私はこのCASIOフィーバーに感動し、携帯電話は今でもCASIOのガラケーを使ってます。
計算機からヒットを得たCASIO、アジアなどでの知名力は抜群だと思いますが、今後も是非「防水・防塵仕様」で、海外のユーザーさんの心を鷲掴みにしてもらえるよう、期待しております。

私がこれまでに使ってきた腕時計について

私は子供のころに腕時計をしている大人の女の人に憧れていました。
私は小学校のころに、大人が履いているストッキングにも憧れていました。
それと同じくらい腕時計に憧れをもっていたのです。ストッキングは小学校6年生の時に父が買ってくれて
うれしかったものの、すぐに切れて泣いた思い出があります。
腕時計は12歳の誕生日に父が買ってくれたのです。その時は小学6年生の1月でした。
それはテーブルの上にさりげなく置いてありました。私は父にありがとうと言いました。
その時計は確かSEIKOのものだったと思います。でも中学にはつけて行ってはいけない規則がありましたので、
その時計は大事に机の中に入れたままでした。
私は高校生になり革ベルトの時計を母に買ってもらいました。その時は本当に通学に必要な感じで
おしゃれも何も考えずに買いました。黒い革のベルトの腕時計でした。
私には高校生のころ付き合っていた彼がいました。彼とデートする時はその黒い革のベルトの時計はつけて行きませんでした。彼は可愛いものが好きでした。私は時間を忘れたくてわざと時計をしていきませんでした。
OLになりブレスレットウォッチが流行りました。ジュエリー感覚でさりげなくつけるのが好きでした。
私は結婚してからそのブレスレットウォッチを好きでずっとつけていました。
でも結婚してから旦那とあまり上手く行きませんでした。私は同居する旦那の親の干渉が嫌でした。
子供が生まれて干渉がひどくなりました。私は旦那とも益々うまくいかなくなりました。
そんな時高校生の時に付き合ってた彼に話を聞いて欲しいと思うようになったのです。
彼に連絡はつきました。彼は会っても良いよと言ってくれたのです。
私は彼と半年ほど電話での交流がありました。
私は彼と再会した時に、SEIKOのダイバーズウォッチをお揃いで買って、彼にプレゼントしたのです。
彼は戸惑っていましたが、有難うと言って受け取ってくれました。彼とは同じ時を刻みたいと思いその
お揃いの腕時計をプレゼントしたのです。彼とはその時計を6年ほど一緒につけてデートして居ました。
月に2度ほどですが、ランチしたりドライブしたり楽しい時間が流れました。
でも彼がその時計をやめて、タグホイヤーの時計をつけてきたのです。私はその時計に似たタグホイヤーの
時計を買って彼と会う時につけて行きました。彼はビックリしていました。

腕時計の歴史

その昔腕時計が発明されるまでは懐中時計と言われる持ち運べるタイプの時計が主流でした、今でもアンティークな懐中時計を好んで使っている方もいらっしゃいます。
腕時計が初めて誕生したのは19世紀の後半です、その当時は女性のための装飾具的に使われることが多かったようです。
腕時計が発展するきっかけは戦争です、軍人さんに向けて必要とされてその開発が進んだことで急速に発展しました。
懐中時計も小型ですからそれを腕に疲れられるようにバンドを付けるイメージですが、軍隊などの場合はなるべく迅速に行動する必要があるため、腕に装着することを余儀なくされました。
腕時計の初期段階は20世紀初頭です、フランスの有名ブランドカルティエが発売した腕時計が市販されて爆発的にヒットしたのが腕時計を広めることになりました。
こういった流れからいろいろなメーカーが懐中時計から腕時計へとそのラインアップを変えていったのです。
日本の腕時計の歴史はセイコーから始まりました、今では世界的に有名なメーカーになったセイコーは国産初の腕時計を開発したメーカーです。
オリンピックで使われるストップウォッチもセイコー製のものが採用されている時もあるほどその性能は評価されています。
今ではさらに正確に時を刻むクォーツ時計や電波時計などといった高性能でも安価な腕時計がたくさん発売されています。
もちろん腕時計はファッションの一部としても使われており、高級時計などは大人のステータスとして購入する方もたくさんいらっしゃいます。
時計のデザインもいろいろです、今ではTPOに合わせて使い分ける時代です、遊び用、仕事用といったように自分を飾るアイテムになっています。
中でも日本メーカーは世界中で販売されて高い人気を誇っています。
セイコーを筆頭にシチズンやカシオといったメーカーはその性能の良さから高い人気を得ています、カシオのG-SHOCKなどはその性能の良さに加え壊れない頑丈さからアメリカなどでとても好評です。